« 2012年6月27日 | トップページ | 2012年6月30日 »

2012年6月29日の記事

2012年6月29日 (金)

直りました。

今日は休みだったので退院の時着て帰る服を決めたり相談があったので病院に行ってきました。hospital

それからお婆さんの靴を買ったり実家に行って洋服を探したり夕方まで野暮用に追われてしまいました。

家に着きさすがに疲れて横になったら眠ってしまいました。sleepy

しばらくすると家電の音と留守電の声で目が覚め留守電の伝言でカメラが直ったと言っていました。telephonenotes

取りに行く時間も中々無いのでそれから取ってきました。(無料でしたhappy01

032

レオ君はもう冷え冷えマットなしでは生きていかれないのかも( ´艸`)プププ


009

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

我が家の花壇の植物達です。

027

美味しかったかぼちゃの種を蒔いてみたらupこんなに大きくなりました。

029

息子が今年畑に植えたイチジクの苗木をもらって挿したら芽がでてきましたよ。

031


ナスも植えてみたのですがひ弱なので今日は牛肥を入れてあげました。

大きくなってくれるかな?

023

そしてあのお正月のユリ根ですが多分赤い花が咲く鬼百合ではないかと思うのですが・・・

蕾が赤いでしょう!  明日あたり咲くかな?


024

お気に入りの紫陽花君です。

本当にいい色でしょう!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そしてお婆さんの家の台所です。

020_5

ビフォーです。up

今までは使ってない冷蔵庫やレンジが幾つも置いてあり生活動線なんてまるで考えていなかったのでこれからは動きやすいはずです。

021_2

(まだまだ改良の余地ありですが・・・)down

020_4

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

昨日の胃ろうについてですが案外知らない方がいるみたいでしたので少しだけお話しさせてくださいね。

体力的に自分の口から食事を取る事が出来なくなり点滴だけでも十分な栄養が取れない人にお腹の外から直接胃に穴をあけ管を入れておきます。

つないだくだから栄養分を胃に流し込む処置の事です。

寝たきりで口から栄養が取れなくても無理矢理栄養を取らされ心臓がある程度丈夫ならそのまま何年でも生きつづけるわけなのです。

人口呼吸器と同じで一度つけたらはずす事ができないのです。

殺人になってしまうんですよ。

付ける時医師から相談されますがこれがこんなに辛い延命になるとは思ってもいませんでした。

私達は絶対胃ろうも人口呼吸器もつけた延命はしないと決めてる事は前にも書いた事がありますよね。

それが相談の上ではずせることになったと言う記事だったと思います。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

ロダン作 考える人(レオママ)

我が家のワンパク君今日もレオママがPCの前に居たら悪い子して(こっち見て)アピールはじまりました。m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

006

バリバリ バリバリ
ママ~上手でしょ~ホラ みて~!

見て~じゃないの!カーテン外れてしまうからやめて!

007

ん!?  あれっ !なんだ? 

008

動かなくなっちゃった!

何見つけたのかな?

001

レオママ PCに夢中になっていて気がついたらこんな格好で寝てました。

それもム~~~ム~~~と泣きながら

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。


015

話はがらりと変わりますが今日の新聞にこんな記事がのっていました。

胃ろうで長い間意識もない人を今までは亡くなるまではずす事が出来なかったのですがそれを家族や複数の医療機関で話し合った上ではずす事が出来るとなった。との記事でした。

この前亡くなった義父も長いこと胃ろうでした。

身体はやせ細りただ寝たきりで栄養だけ送り込んで生かされているだけの人でした。

本人が口が聞けたらもうやめて楽にさせてくれ!と絶対言ったはずです。

見てるほうも辛いものでした。人間あそこまでして生きながらいさせる意味はあるのかとも正直おもいました。

脳梗塞でた倒れ、かれこれ8年、病院とケアセンターを行ったり来たりで最後まで家には帰ることはできませんでした。

家族も金銭的な問題もあるし前に進めない毎日を送るしかないんです。

申し訳ない話ですが先の見えない苦しい戦いの日々なのです。

本人と家族の苦しみをすくう為ある程度の決断は必要だとつくづく思った今日の記事でした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

それから又お婆さんの話で申し訳ないのですがあれいらい病院には行ってなかったのですが久振りに行ってきました。

本心かどうかはわかりませんが来てくれて良かった。

安心した。と泣いていました。

私もこられなくなった経緯をぶちまけすこしスッキリしました。

退院が7月2日に決まりましたがその日はお爺さんの四十九日なのです。

私は病院のほうに行って法事には出ません。

もともと出るつもりは無かったのでいい口実ができてよかったのかも・・・

結局お婆さんはお爺さんの遺骨に線香もあげずにお別れになってしまいます。

でも運命だからいいんだって。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~?

にほんブログ村 主婦日記ブログへ


« 2012年6月27日 | トップページ | 2012年6月30日 »

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
フォト
無料ブログはココログ